前へ
次へ

メンテナンスが買取のカギ

査定する品物は『美品』でしょうか。製造されたのが古いのであれば、いくら未使用であったとしても、湿気、日焼けの影響によって素材劣化が否めないといいます。絵画など、飾ることを目的としていても窓際には飾らずに、ライティングなども極力避けて鑑賞しましょう。ハンドバッグやブランドスーツ・ドレスなどは、定期的に保存袋から出し、新鮮な空気に触れさせます。しかし、素材によっては日陰干しさえ劣化の影響を与える場合もあります。もしも、適切なメンテナンスが難しいと感じるなら、早々と買取店にて売却するのが賢明な判断です。傷などが目立つ素材は、査定に持ち込むなら、修繕費を見積もりに含む価格を提示しますから、満足いく取引は難しくなるようで、使用後のケアにも注意が必要になることも判断できるでしょう。しかし、美品とはいえないヴィンテージもの、製造が古いジーンズは古ければ古いだけ、ダメージ加工が施されている分だけ、意外に高額買取となる品物の一つです。

Page Top